前へ
次へ

怪我をしたら基本的に医療施設で検査する

運動をしたり日常生活を送る時には怪我をする場面が意外と多いです。
もし怪我をしてしまったら自分で応急手当てをしていきますが念のため医療施設で検査した方が良いです。
その理由の1つには、自分が大したことがないと思っていても実は大きな損傷を受けている事もあるからです。
例えば階段で転んで打撲や捻挫だと思ったのが実は軽い骨折をしていたり、骨にひびが入っていたということもあります。
この場合は、数日経過してもまったく痛みがなくならないという事が多いので後で気付く事が多いですが、その分治療が遅れてしまいます。
最悪さらに悪化してしまうこともあるので念のため病院で検査した方が大きな怪我を放置するリスクが減ります。
特に腫れていたり、怪我をした時に何か音がなったりした時は重症になっている可能性が高いです。
スポーツをしている人は怪我をしやすいので自分の体の変化には注意を向ける必要があります。
このように怪我を軽くみない事が大事です。

Page Top