前へ
次へ

優秀な医師になるためには会話術も大事

優秀な医師というのは例えば治療技術が高くミスが少ない医師が当てはまります。
やはり治療の成功率が高いとそれだけ患者さんから信頼されて他の後輩医師からも信頼されるので結果的にエリートコースを歩みやすいです。
しかし、優秀な医師になるためには治療技術だけが高くても物足りないです。
他に大事になるのが会話術であり、どれだけ患者さんの不安を和らげながら治療出来るのかも重要です。
病気や怪我になった患者さんは不安を抱えている人が多いです。
特に重たい病気になっており手術が必要な状態ですと自分は健康な体に戻る事が出来るのか、今後どうやって人生を楽しもうかなど精神的に病んでいる事が多いです。
医師がこのような患者さんに希望を与えることも大事です。
そのためには、小まめにコミュニケーションを取り患者さんが治療に向けて前向きになれるようにします。
しかし、ここで必ず治るといった言葉は控えるようにします。
絶対に治る保証はないので軽い言葉はかけない事が大事です。

Page Top